no-image

冬場にはメリットがある

建物の塗り替えのタイミングとしてふさわしくない月だから、業者が割引して施工してくれたっていう知人もいれば、ふさわしいない月だから納期が延びてしまい、結果的に費用が割高になった自分宅もあります。また、遠方に住む知人に話をした際、豪雪地だからその時期には建物の塗り替えそのものが業者では請け負っていないと聞きました。気温や湿度、霜の影響により、仕上がりが悪くなるため工事を行わない業者が多いといいます。雨や雪などの影響を受けないタイミングっていうのは経験が左右するらしく、経験豊かな業者を選択すると梅雨時、台風の影響や高熱になる夏、積雪による冬でも施工してくれます。また、冬に建物の塗り替えをしたのが知り合いにいますが、冬は窓を開ける必要がないのがメリットだといいました。私の場合には梅雨時で、ジメジメした湿気がありましたし、夏は室内に熱気がこもるので、それを逃がすために窓を開ける必要もあるのに、建物の塗り替えとなると、窓に塗料がかからないように養生をしてしまいます。業者からも窓を開けることを極力控えるように言われました。これは、塗料の臭いが室内に入ってくることもあり、快適に過ごせないからだと言われました。冬なら熱を逃さないように窓を閉め切り、暖房をつけるため快適に過ごして塗り替えを終えるまで待つのもツラくありません。 塗り替えのカラーは、我が家の場合にはバイカラーにしました。 屋根がブラウン系なので、外壁はベージュとイエロー系です。